忍者ブログ
描いたものを貼ります。 このすぐ下にある[1]や[2]とかをクリックして見てやって下さい。
[1] [2] [3] [4]
大阪から来たクラブイベントで描いてきた。

開場前の集合写真。スタッフや出演者でこの人数とは、どれだけ大掛かりなイベントなのだろうと驚いた。


被り物で描いている手前の人が、今回誘ってくれた漫画家の赤津さんだ。上手いのが見られて悔し嬉しい。


暗いので僕は肩にライトを張り付けて描いている。これのおかげで手元がよく見え、なんだかメカ内蔵のサイボーグになったような気分で嬉しかった。


エヴァ対ガンダムで1枚いきましょうという提案があったので、二人で描いた。





思ったように描けなかったので、ここで一旦心が折れた。
でも「これが欲しい」と熱心な方が貰って行ってくれたので立ち直った。
持って行ってくれるのはありがたいが、こんなでかいの邪魔じゃないかなぁと思う。





暗いのでライトで照らして描く。
ライトは肩にテープで装着。




線画の段階ではもう少し松本風だったのですが、色を塗ったら印象が変わりました。

イベント自体は夕方に始まり、終電前に終わったので、体力的にありがたかった。
PR
先々週末、川崎のいつものオールナイトイベントで
いつものように描いてきた。








他には「歴代戦隊物主題歌36曲一気がけ」という
DJとの勝負があったり。

写真では明るく見えるが、実際はかなり暗いので
近くにいたお客さんにライトで照らしてもらっていたのだ。
一曲1分前後、ものによっては十秒くらいだが、
いつまで描いても終わらないような、そんな勝負でした。


まぁそんな風に身体にきついような、
朝まで遊んでいるような、楽しい一晩でした。

3月31日、幕張メッセで開催のACE(アニメコンテンツエキスポ)、スターチャイルドのブース壁面に描いてきた。

現場で貼られた紙を見て、まずはその大きさに参った。脚立に上ってやっと上に手が届く程だ。まぁ足りないより良いか、余ったらそこに別の何かを描こうと考えた。

モチーフはエヴァ初号機・新劇場版だ。すでに版権許諾済みだ。後ろめたさも何も無く描く事ができるのだ。

予定通り12時に開始する。壁面前にはビックリするくらい大勢の人が待っていた。とりあえずはじめる前に挨拶する。「じゃあ頑張ります。頑張って描きますので、もし失敗しても許して下さい。」「よそのイベントには声優さんとかが来ていて、そっちに行った方がきっと面白いですよ。」と、挨拶だか言い訳だかわからないものをしていたが、最前列にいた少年が「僕はこれが見たいんです!」と力強く言ってくれた。
「ありがとう!今日は君のために描くよ!!」と言い描き始める。


紙はでかいし後ろに下がれないしで難儀する。まずいなぁ。今何を描いているんだかわかんなくなってきた。仕方がないのでお客の方に掻き分けて入って行き、なんとか全景が見られた。
形の狂いにも気がつく。近くにいた兄さんに「あれ、右の方が大きすぎてへんじゃないですか」と訊くが「いや大丈夫ですよ」と言ってもらえる。でも気付いたところは直す。
最初の構想と全く違うものになったが、戻している時間がもったいない。とりあえず顔だ。人物は顔がしっかり描ければなんとかなるものだ。ロボットもモビルスーツも、汎用人型決戦兵器も人物のようなものだ。

なんだか顔がはみ出る程大きくなってしまった。紙が小さすぎるんだよこれでは。もっと大きい方がいいのに。最初と言っている事が変わったが、描いているうちに気が変わるのはいつものことだ。


時々振り向くと、あいかわらず人がたくさんいるので、嬉しいやら申し訳ないやら。カメラを抱えている人が多く見られるので注意する。「写真とっている方にひとつお願いがあります。ブログとかツイッターに乗せる時は、褒めて下さい。人間は褒められて伸びるものです。貶されたら悲しいものです。僕は褒められるのが大好きですので是非お願いします。」
聞いて貰えたのだろう。ツイッターで褒めてくれる人がたくさんいた。



途中段階が紹介されているものがいくつかありました。
こんな感じで描いていたのですね。
http://neweva.blog103.fc2.com/blog-entry-1493.html
http://nuruwota.blog4.fc2.com/blog-entry-2142.html
http://www.kotaku.jp/2012/03/aya_kudo_eva_ace2012_1.html

イベント自体は18時まで開催されているので、のんびり描こうかと考えていたのだが、1時間半程でほぼ出来てしまった。
お客さん達にほぼ完成だと宣言し、拍手を貰って終了した。
あとは画材を片付けながら、気になったところを時々直したり、
離れたところから通行人の反応を眺めたりしていた。
撮影している人が多かったので、概ね受け入れてもらえたのだろう。


こんな企画を立てて下さったスターチャイルドの皆様には、もう感謝の言葉しかありません。
大きい絵を描いている様子です。
石ノ森萬画館の祭日イベントとか、画材見本市のデモンストレーションとか、
深夜ライブとか、習作とか。





木炭でアタリをとったあと、墨汁で描き
水性クレヨンで色や細部を描き込みます。
リクエストにはよく知っている物も、知らないものもあります。
画像を見せてもらいそのまま描き写したり、向きやポーズを変えたり。
知っている物はおぼろげな記憶で描いたりです。



白い団扇にも描くように言われるので描く。






団扇が切れたので、そのへんにあった紙に描いた物もあります。
たまに何を思ったのか、金を置いていこうとする人がいるので
それは丁重にお断りする。
ジュースを1杯奢ってくれるのは時々ありがたくいただきます。
そんなに飲まないので、一晩で2杯もあれば充分です。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[04/25 工藤]
[04/24 sato]
[04/24 工藤]
[04/24 工藤]
[04/23 sato]
最新記事
(04/23)
(04/07)
(03/20)
(03/02)
(11/18)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
工藤 稜
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/16)
(01/17)
(01/17)
(01/17)
(01/17)