忍者ブログ
描いたものを貼ります。 このすぐ下にある[1]や[2]とかをクリックして見てやって下さい。
[112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102]
1年ぶりくらいに上映会やります。
今回は防災・PR映画中心です。
観たいけれど観た事の無かったものがほとんどですので、どうなるか……
でも一度は観なければならないものばかりだと思いますので
御用とお急ぎで無い方は是非ご来場下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●「電気って魔法みたい」I'm no fool with electricity  1973年 8分 ディズニープロ

ディズニー漫画のもの知りこおろぎジィミニーが登場し、安全な電気の扱いかたを面白くわかりやすく説明します 。


●「つるのすごもり」   1971年 17分 

生まれたばかりのヒナを守るために、タカに倒されてしまった夫婦ツル。
それを見た仲間のツルは、協力してタカを倒す。残されたヒナは、仲間のツルにより、元気に成長していく。

日本映画放送産業労働組合が、業界内の有志に呼びかけて、東映動画、東京ムービー、TCJ(現エイケン)、 虫プロ、竜の子プロ、Aプロなどで働く労働者達が、それぞれ勤務の余暇を割き3年がかりで完成させた自主製作アニメ。
会社に内緒で参加した人が多かったらしく、スタッフロールには多くのペンネームが並んでいます。
(演出・作画監督の斎藤和男は芝山努氏のペンネーム)。



●「火事と子馬」      1978年  22分
 
吉とハルはいつも仲良し。ある日、吉の家に仔馬が生まれました。
喜びもつかの間、仔馬は生まれながらも立ち上がりそうにありません。
吉とハルは一生懸命看病するがなかなか立てない。ある日、ハルの家が火事になり・・・。

キャラクターデザイン、作画は安彦良和氏。



●「てんまのとらやん」    1971年 17分 

大阪、天満の鰻屋さんの丁稚どんとらやんは、鰻をつかまえようとして逃がしてしまい、追いかけて大根畑へ。 特大の大根を抜いた拍子に空へ飛び出し、宇宙から雷さまの雲の上へ、海の底へと大冒険。




●「おかしなおかしな星の国」 1969年  20分

大宇宙を宇宙船が行く。その名は「日本号」、乗っているのは次郎をリーダーとする修学旅行の生徒たち。
ムダ使いのゼロス星、その先は破滅しかない。「日本号」は間一髪ゼロス星から脱出する。

脚本・辻真先 演出・芹川有吾 音楽・冨田勲 作画・木村圭市郎 声の出演・熊倉一雄、曽我町子


●「幸せは安全と共に」    1976年 20分

一般家庭でのガスの正しい使い方を、アニメーションで説明する。
出崎統、杉野昭夫ほか、マッドハウス制作



●「虹に向かって」     1977年   20分
 
谷川をへだてて向いあった村に住むオリツと源治は、成長するにしたがって、お互いに好意をもつようになる。 しかし、深い谷川にはばまれて往来できない。橋をかければ…。

監督 岡本忠成  音楽、歌 及川恒平  語り 岸田今日子


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


会場はいつもの、大崎第一区民集会所、第二集会室
 (山手線 五反田駅、目黒駅より徒歩10分、 東急目黒線 不動前より徒歩5分)
13時頃~16時頃まで。
入場無料ですので、よろしくおねがいします。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[09/24 sato]
[09/22 北海道の姉]
[09/11 sato]
[09/11 工藤]
[08/28 sato]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
工藤 稜
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/16)
(01/17)
(01/17)
(01/17)
(01/17)