忍者ブログ
描いたものを貼ります。 このすぐ下にある[1]や[2]とかをクリックして見てやって下さい。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
東京アートアカデミーが閉校するので、最後の授業だった。
いろいろと新しい試みの授業ができる貴重な教室だったのですが、たいへん残念です。


前回の授業、等身大クロッキーです。

     クラフト紙にクレヨン 所要時間45分

今回は墨汁でデッサン

      四つ切り画用紙に、筆で墨汁 所要時間30分


以下は生徒さん作品です。



とても上手いので、僕は安心して自分のデッサンを描く事ができました。
(いや指導よりも自分が描く事を優先していてなんだか申し訳ないような気も)


……というわけで、以前告知した本郷三丁目の東京アートアカデミーの生徒募集は終了いたしました。
これまで通って下さった皆様、
最後まで付き合っていただいた佐藤さま、
校長の遠藤さま、
本当にありがとうございました。
これでお別れというわけではないでしょうから、またどこかでよろしくお願いいたします。
PR
生徒さんの指導とかアドバイスみたいな事をしながら描いた。



先日描いたやつ。
全然描きに出かけていないから腕が落ちているのも当然だ。







このクロッキーは何分で描いた、というのは重要なデータでは無いと思うのですが
要求があったのでたまには書いてみます。間違って記憶しているかもしれませんが
タッチの多さでだいたいあっていると思います。

20分

10分 
5分

1〜3分


鉛筆の以外は筆ペン使用。固いのや柔らかいのや毛筆のとか色々。A3上質紙。





北海道の姉が、使用画材や所要時間も書き添えるのが親切というものだと言っていたので、たまには書いてみます。

今回載せたものは、四つ切り画用紙(382×542mm)に鉛筆。
(粉木炭を水で溶いたものを、薄墨のように筆で使用してアタリを取ったものもあります)

鉛筆は北星鉛筆の3〜5B、またはステッドラーのマルスルモグラフブラック4〜6B

かかった時間は大体40〜60分(20分ポーズ2〜3回分)
最後の斜めに座っているやつだけは形が上手くとれなかったので120分


私信) 姉さん……こんなのでどうでしょうか。


[追記]
調子(明暗の描写)は軽い補助程度にして、輪郭線の強弱で立体を捉えようと考えました。
形のとり方を厳し目にした、時間をかけたクロッキーという感じでしょうか。
時間をあまりかけずに、1回(正味120分)で2枚描く事にしたので、紙のサイズはいつもの半分にしました。
私信)コメント欄 佐藤さん、これでどうでしょう……


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[09/24 sato]
[09/22 北海道の姉]
[09/11 sato]
[09/11 工藤]
[08/28 sato]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
工藤 稜
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/16)
(01/17)
(01/17)
(01/17)
(01/17)